睡眠で痩せるコツとはなにか

毎日、ぐっすり眠れる環境をつくることも、痩せるためのコツとして広く知られています。体調管理と、睡眠時間は密接に関わっていますので、痩せることも、よく眠ることができるかどうかに関係します。寝る時にジャージを着る人がいますが、パジャマで寝ることがおすすめです。眠っている間は、人間は寝返りを打ったり、転がったりしますので、ジャージのような硬い素材は動きづらいことがあります。寝ている時の、寝相の変化を妨げないようにするには、パジャマ等の柔らかい布の服が適しています。もうひとつの痩せるためのコツとしては、起きる時間に着目することでが、夜更かしや二度寝などをしていると体内時計が乱れるきっかけになります。起床時間が変わると、朝食の時間が変わってしまい、空腹感がいつもより強く食べ過ぎてしまう人もいます。寝る時間も、起きる時間も、1時間以上はずれないようにすることが、痩せるコツとしては大きいものです。どんなに遅くとも2時、可能なら10時ぐらいに寝る習慣をつけると体にいいようです。10時~2時にかけては成長ホルモンが分泌されますし、お肌にもいい影響があるといいます。リラックスして、ぐっすりと眠ることができるように、寝具も厳選して使いやすいものにしましょう。枕をきちんと選ぶことは痩せる効果が期待できるだけでなく、首のしわなどを防ぐことができるのでおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ