体重が増える食事と増えない食事

体重が増える食事をしている人は早めの見直しをすることが必要です。たくさん食べると体重が増える可能性が高いといいますが、量だけが問題ではなく、バランスのとれていない食事も問題になります。カロリー摂取量も体重とは深く関わっていますが、体重を調節するためには、自分が食べている食事の内容も気を配る必要があります。たんぱく質、炭水化物、脂質の三大栄養素は、食事で取り入れたい重要な成分です。脂質と、炭水化物は、生命を維持し、体を動かすために必要なエネルギーを供給してくれる栄養成分です。ただし、消費が追いつかないほどたくさん摂取すると、脂質や炭水化物はカロリーから脂肪になり、体内に貯蔵されます。摂取するカロリーがその日の体の動かすための消費カロリーと同じならば体重の増減がありません。消費するカロリーより、食事で補給するカロリーのほうが多ければ、余ったカロリーは体に脂肪として残るので、体重が増えます。たんぱく質は、筋肉など、身体をつくるための材料となる成分です。筋肉が多いと基礎代謝が上がりますので、たんぱく質の摂取は大事です。体脂肪を燃焼させやすくするには、筋肉を体につけて、基礎代謝の高い体質になることが先決です。しかし、筋肉は脂肪より重いので、筋肉が多くなったせいで体重が増える場合もあります。脂肪があまり減っていない状態で、筋肉が多くなると、差し引きで体重が増加するということもありますので、十分に注意をしてください。炭水化物や、脂質をたくさん摂取すると、体脂肪の増加の原因になります。たんぱく質を摂取することは、筋肉を増やし、基礎代謝の高い体になるためには必要な栄養成分といえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ