加齢により体重や体脂肪が増える原因

加齢に伴い痩せにくく太りやすくなったと感じている人は多いのではないでしょうか。加齢により体重や体脂肪が増える原因として、基礎代謝量の低下があり、この基礎代謝量とは、人間が生きていく上で必要な最小限のエネルギーのことです。体重が増えたり、体脂肪が増えることは、基礎代謝が低くなり、最低限消費するエネルギー量が変わることと関係があるわけです。基礎代謝が下がらないようにするにはどうしたらいいかを知ることが、体重のコントロールでは重要です。年をとって、基礎代謝が下がれば、その分だけ体脂肪も多くなり、体重も多くなりますので、若い頃は痩せていたという人でも、油断していられません。食事の量や、運動量が、20代、30代のままだという人は、年をとるにつれて基礎代謝が下がり、体重が増えるかもしれません。生活習慣を見直して、運動をする時間を確保して、基礎代謝量をアップさせることが大切です。基礎代謝量をアップさせるために効果な運動は、何も難しいことをする必要は無く、ダンベルやチューブやバランスボールなどを使用した簡単な筋トレでも十分に効果が現れます。筋肉をつけるために筋トレを行って、基礎代謝の高い体になることで、ダイエットがしやすくなります。太ももの筋肉や、背中の筋肉、下腹部の筋肉など、体の中で比較的大きめの筋肉を筋トレで鍛えることで、基礎代謝を効率的にアップできます。運動によって、筋にダメージが及ぱないように、筋トレに取りかかる時は無理なくできる範囲の運動から開始し、徐々に運動強度を増やしていきます。ある程度年をとってからのダイエットは、年齢の影響で基礎代謝が下がっているということを知った上で取り組んでください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ