筋肉がつくと体重が増える理由

体重を減らすために筋トレをしたはずなのに、結果的に体重が増えてしまって、思惑通りにいかないことがあります。筋肉は脂肪よりも重く、筋トレを始めたばかりの頃は脂肪がまだ落ちていないために、体重だけが増加しているように感じることが多いといわれています。ダイエット効果をアップさせるには、筋トレをして、身体の筋肉を増やし、代謝をよくすることが効果的です。ダイエットをしている時は、ただ単に体重が増えた減っただけを見るのではなく、もう少し長い時間を掛けて、体を作っていく必要があります。筋肉を急に使うようになると、負荷がかかって筋繊維を損ねてしまうことがあります。リカバリーの途中で筋肉の水分量が多くなり、その結果、体重が多くなりますが、筋肉の炎症がおさまれば体重は元に戻ります。疲労が蓄積するような運動や、筋肉に負担の大きい筋トレをしていると、ストレスホルモンともいうコルチゾールの量が増えて、体内の水分量が増えることがあります。食事制限を長期にわたって続けた場合、体に負担をかけすぎたという時にもコルチゾールが多く分泌されるようになって、体内に脂肪が溜め込まれやすくなるようです。体の仕組みや働きを理解することで、健康を害するようなことの無い健康的なダイエット、失敗することのないダイエット方法になります。いくらせっせと運動をしていても、その分たくさん食べるようになったら、ダイエットという目的を果たすことはできないでしょう。カロリーを摂り過ぎてしまうことは体重が増える一番の理由である為、ダイエット食品などを活用して、カロリー摂取量を調整しましょう。健康面に配慮したダイエットをするには、体を機能するために必要な栄養素が不足しないように注意をしながら食事量を減らしていきます。例えば、筋肉を増やすには、たんぱく質が必要です。身体が必要としている栄養素はきちんと摂取し、余剰なカロリーは摂らないことが、食事制限では大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ