標準の体重と自分の理想

身長をもとにして標準体重を算出できるということは、健康に関心がある人は大抵知っているのではないでしょうか。自分の体重が、標準体重よりも多いのか、少ないのかを気に掛けている人は大勢います。健康な体型を保つための指針の一つとして標準体重があるわけですが、標準体重とはどういった認識をするといいのでしょうか。標準体重よりも体重が多すぎて、肥満体型だと診断された時には、ダイエットで体重を減らすことが大事です。仮にダイエットに成功して、標準体重に近い値になったとしても、理想的な体型になっているかどうかは別問題です。なせなら、同じ体重の人であっても、筋肉が多い人もいれば脂肪が多い人もいるので、見た目の体型には大きな差が生じるからです。日本人は、痩せ型への憧れが強い人が多いために、ボディメイキングというと体重を減らすことばかり考える傾向があります。痩せているほうがきれいだという価値観は、メディアや社会的な価値観が構築してきた間違った考えともいえますが、そのせいで健康を損なうくらい痩せようとする女性が多くなっています。病的な美しさを得るよりも、健康的な美しさを目指すほうが、健康と美容の両立にはいい結果をもたらしますので、まずは健康状態を維持することを重視していきましょう。標準体重になることにこだわりすぎず、上下10㎏くらいを目安にして、健康的な生活を送った時の体重を基本としましょう。お肉などをスーパーで買うことがある方は分かると思いますが、1キロもお肉を買ったらそれだけでかなりの量になります。標準体重はあくまで参考程度の値と考えて、自分にとって理想の体重を目標として、日々の健康管理を行うことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ