健康のためには標準体重の維持を

健康であることと、標準体重を保つことの間には密接な関わりがありますので、肥満や痩せすぎは改善する必要があります。標準体重を維持することにより、健康な体でいられるので、病気の発生率を減らすことが出来るのです。標準体重であるかどうかは、死亡率にも影響が出ることが統計的に証明されているので、普段の生活から気をつけておくようにしましょう。肥満傾向の人が標準体重を目指して、ダイエットをする場合があると思いますが、過度なダイエットはおすすめできません。多くの人は、太りすぎばかりを気に掛ける傾向がありますが、体重が少なすぎる人も健康維持という点からいえば注意をしなければなりません。肥満がちの人がダイエットを勧められるのは、太っていると生活習慣病になりやすく、高血圧や、高血糖などの症状が起きやすいためです。標準体重よりも体重が少なすぎる人は、貧血体質になったり、病気への抵抗力が下がることがありますので、改善をする必要があるでしょう。標準体重は身長から求めるものですが、年齢によって数値は異なります。標準体重を計算する方式にはいくつか種類があり、どの計算方式が一番健康的な数値ということは一概には言えません。大切なのは、基準をする標準体重を決めて、常日頃から自分の体重を管理することです。度を超えたダイエットは、健康によくない上に、摂食障害の原因になりかねませんので、芸能人に憧れるにしても節度のあるダイエットをしましょう。標準体重以上に痩せたいと考えてダイエットをする人も多いですが、あまり痩せすぎると体には決してよくありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ